トップページ > 障がい者活躍支援 > サポーターズボイス > 地域での豊かな生活作りの実現を応援していきます。

障がい者活躍支援

サポーターズボイス

地域での豊かな生活作りの実現を応援していきます。

FS向日が丘支援学校の取り組みについて教えてください。

本校では、様々な障がいのある児童・生徒を中心に141名が在学しています。(平成25年5月1日現在)小学部から高等部まであり、自立や共同生活の学習の場として寄宿舎から通学している生徒もいます。また、就職を希望する生徒には受け入れてくれる企業を開拓し、担当教諭がついて実習を受け、新しい生活や就労の場へスムーズに移行できるための架け橋づくりをしています。

障がいのある学生の進路指導にあたり大切にしていることは何でしょうか?

京都府下で「自立支援協議会」の設立が一番早かったのは乙訓地域です。多くの関係機関や団体と協力してネットワークを構築しながら、情報共有・情報交換をすることが障がい者雇用の促進には不可欠です。 また、保護者や就職した企業とも連携して、就労後のフォローも定期的に訪問して相談をうけたり問題解決をしています。

障がい者に長く働いてもらうために企業はどうすればいいでしょうか?

ボタンの掛け違いがあると、障がい者も企業側も苦い思いをします。

その人の障がい特性を理解して環境を整備して頂くことが大事だと思います。

具体的には、指示者を統一して頂くとか、口頭だけでなく文字で指示を出して頂くと知的障がい者には伝わりやすいです。

今後の活動について

より多くの企業に障がい者雇用を進めてもらえるよう、各種関係機関と連携を密にしていきたいと思います。生徒を取り巻くネットワークに太い丈夫な橋をかけて地域での豊かな生活作りの実現を応援していきます。

企業情報

企業名称

京都府立向日が丘支援学校

業種

特別支援学校

設立

1967年

資本金

 

企業規模

 

企業情報

特別支援教育の充実と困り感のある子どもたちを支援する乙訓地域のセンター的役割を担う

求職の方はWEB登録をお願いします。あなたのスキルを最大限活かせるよう、スタッフがサポートいたします。かんたん登録(無料)