トップページ > 障がい者活躍支援 > サポーターズボイス > 街で自然と障がい者に声がかかる、そんな社会になれば理想ですね。

障がい者活躍支援

サポーターズボイス

街で自然と障がい者に声がかかる、そんな社会になれば理想ですね。

そらいろの取り組みについて教えてください。

「働きたい」と思う精神障がい者が、社会で働けるよう応援をしています。
具体的には就職相談に乗ったり、実習先の開拓や、その後のフォローといった、就労支援です。
2011年4月の開設から、すでに15人の利用者が実習を経験しました。農園での作業やデータ入力、資材搬入や、企業の受付、スーパーで商品の陳列や掃除など、実習を受け入れてくれる人事ご担当者と打ち合わせて実習内容を設定します。
実習を経験し、これまで5人の精神障がい者が就職することができました。

仕事をする上で、どういったことが一番難しく、課題だと思われますか?

精神障がいは、世間の人にまだまだ認知されていません。ですから、精神障がい者に対する「恐れ」や「偏見」をなくし、僕らと同じように働けるんだということをより社会に知ってもらえるように努力しています。
まずは、時間はかかりますが、企業と障がい者との間に入り、お互い理解を深めてもらうことから始めなければいけないです。

成功事例を教えてください

最初、「精神障がい者は雇用しない」と言っていた社長が、実習を受け入れてくれ、こちらもサポートすることにより最終的には雇用してくれたことですね。精神障がい者と触れ合うことにより、ご本人の熱心さやまじめさを認めてくれて、結果、雇用を決めてくれたことには本当に感激しました。

今後の目標はなんですか?

仕事をするチャンスがまわってこない人に、もっと、チャレンジや失敗する機会、環境をたくさん作りたいと思っています。今まで出会った精神障がい者はとても素直で素敵な人ばかりでした。時間はかかりますが、仕事をすることでもっと活き活きできる顔を見たいですね。障がい者だからこれだけしかできない、という思い込みを減らしてもらい、イメージを膨らませるお手伝いをしたいです。
自然と障がい者に声がかかる、そんな社会になれば良いですね。僕らの支援の必要がなくなればなくなる程良いと思います。でも、社会にそれを求めるばかりではなく、こちらが社会に働きかけて、知ってもらう努力を惜しまず続けようと思います。

企業情報

企業名称

就労支援センター そらいろ

業種

指定障害福祉サービス 就労移行支援事業所

設立

1973年

資本金

 

企業規模

 

企業情報

京都市中京区油小路通り竹屋町西入る橋本町467-2
民家を改築して作業スペースを作っています。

求職の方はWEB登録をお願いします。あなたのスキルを最大限活かせるよう、スタッフがサポートいたします。かんたん登録(無料)